• 「活力と優しさ」に満ちた鹿児島市を目指して。

    鹿児島市民の皆さまと共に。

    平成12年4月の市議選におきまして、28歳(議会内で最 年少)で鹿児島市議会にお送り頂いてから6期24年。 6期目は2期4年間に渡り議長職を務めるなかで更に研鑽 を積み、市勢発展および市民福祉の向上に懸命に取り組ん でまいりました。川越桂路は、これからも有言実行の志を貫き、市民の皆さまの代弁者としてリアリティのある政治を求め、議員としての職責を果たしてまいります。

    プロフィール 6期24年の実績を見る
    鹿児島市民の皆さまと共に。
  • Political target 1

    子育て支援策の更なる拡充

  • Political target 2

    社会福祉の充実した街づくり

  • Political target 3

    救命救急体制の整った街づくり

  • Political target 4

    犯罪の無い安全な街づくり

  • Political target 5

    活力と優しさに満ちた街づくり

  • Political target 6

    豊かな心と健全な身体を育む教育

6期24年、鹿児島市民の皆さまとともに。

川越桂路より鹿児島市民の皆さまへ。

鹿児島市議会議員 川越桂路

 

有言実行の志を貫き、確かな実績で皆さまのご期待に応えるニューリーダー「川越桂路」

昭和46年12月
鹿児島市生まれ。敬愛幼稚園・山下小学校を経て甲東中学校を卒業

平成2年3月
鹿児島玉龍高校 卒業

平成6年3月
青山学院大学経営学部 卒業

平成6年4月
西日本銀行(現 西日本シティ銀行)入行

平成10年12月
政治を志して西日本銀行を退職

平成12年4月
鹿児島市議会議員に28歳(最年少)で初当選
現在まで6期連続当選

令和2年5月
第92代 鹿児島市議会議長 就任

令和4年5月
第93代 鹿児島市議会議長 就任

役歴
議会運営委員会 委員長
総務消防委員会 委員長
環境文教委員会 委員長
都市整備対策特別委員会 委員長
自民党本部青年局 中央常任委員
自民党鹿児島県連 青年局長
山下小学校PTA会長 などを歴任

現在は、

鹿児島県市議会議長会 会長
九州市議会議長会 相談役 支部長
都道府県庁所在都市議長会 会長
中核市議会議長会 監事
全国市議会議長会 理事
桜島火山活動対策議会協議会 会長
自民党鹿児島県連 副会長
ボーイスカウト鹿児島県連盟理事
(社)鹿児島青年会議所シニアクラブ会員・KJC46会 会長
鹿児島玉龍高等学校PTA会長 などを務める。

妻・長女・長男・次男・三男の6人家族

 平成12年4月の市議選におきまして、28歳(議会内で最年少)で鹿児島市議会にお送り頂いてから6期24年、6期目は2期4年間に渡り議長職を務めるなかで更に研鑽を積み、市勢発展および市民福祉の向上に懸命に取り組んでまいりました。

5期目ではそれまで10年以上に渡り懸案となっていた議員定数問題についても覚悟を持って取り組み、将来の人口減少を見越したうえで、定数を1割(5人)削減する条例改正議案を自ら提案し、定数50人から45人に削減することを実現しました。

6期目には、天文館地区を始めとする市民の皆さまのご要望を受け「鹿児島市客引き行為等の禁止に関する条例」の策定に尽力し、議長としてリーダーシップを発揮し、議員提案の初の政策条例として短期間のうちに制定しました。

その他これまでに、立候補時から政策の柱に掲げておりました「安全な鹿児島市づくり」において「市立病院におけるドクターカーの運用開始」「鹿児島市安心安全まちづくり条例の制定」「学校における安全管理マニュアルの策定」などを始め様々なものが具現化しております。

また、責任世代・4子の父として、「こども医療費助成制度」(平成28年4月から中学校3年生まで拡大)「市立小中学校の普通教室へのクーラー設置」などを始め、様々な子育て支援施策の拡充に取組み、実現に導いてまいりました。
今後も子供からお年寄りまで全ての世代の方々が、安心して暮らすことの出来るよう、市民福祉の更なる向上に努めていくことをお約束します。

これからも初心を忘れることなく、有言実行の志を貫き、市民の皆様の代弁者として、リアリティのある政治を求め、議員としての職責を果たしてまいりますので、皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

鹿児島市議会議員 川越桂路

 

安心安全なまちづくり

安心安全なまちづくり

犯罪の防止や交通事故の撲滅、救急救命体制の確立などをはじめ各面から「安全な鹿児島市」づくりに取り組んでいます。

市民福祉の向上

市民福祉の向上

子供からお年寄りまで、市民の誰もが安心して暮らせる「住み良い鹿児島市」をつくるため、福祉施策の充実に取り組んでいます。

子育て支援

子育て支援

4子の父・子育て世代の代表として、「安心して産み育てられる」子育て支援施策の更なる拡充に取り組んでいます。

教育環境の整備充実

教育環境の整備充実

豊かな感性、優しい心、強い精神力を育み、確かな学力を身につけられる教育環境の充実に取り組んでいます。

地域経済の活性化

地域経済の活性化

「活力と優しさに満ちた鹿児島市」を実現するため、中心市街地活性化をはじめとする地域経済の諸課題に取り組んでいます。

 

鹿児島市議会における議長および正副委員長等就任歴

在職20年間で議会運営委員会委員長(5回)をはじめ、16回も正副委員長を歴任した実績は議会内で最も多い就任歴となり、6期目は2期4年に渡り議長職を務めました。

1期目(平成12年4月29日〜)

・総務消防委員会 副委員長(平成15年)
・九州新幹線に係る諸問題を調査検討する特別委員会副委員長(平成15年)

2期目(平成16年4月29日〜)

・総務消防委員会 委員長(平成16年)
・都市整備対策特別委員会 委員長(平成17年)
・市立病院のあり方及びJT跡地の活用策等に関する調査特別委員会 委員長(平成19年)

3期目(平成20年4月29日〜)

・環境文教委員会 副委員長(平成20年)
・定額給付金及び子育て応援特別手当に係る予算審査特別委員会 委員長(平成21年)
・議会運営委員会 委員長(平成21年)
経済企業委員会 副委員長(平成22年)
・第86回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続10年以上) 於:東京都(平成22年)

4期目(平成24年4月29日〜)

・環境文教委員会 委員長(平成24年)
・桜島爆発対策特別委員会 副委員長(平成24年)
・議会運営委員会 委員長(平成25年)
・議会運営委員会 委員長(平成26年)
・環境文教委員会 副委員長(平成27年)
・第91回全国市議会議長会定期総会において一般表彰(勤続15年以上) 於:東京都(平成27年)

5期目(平成28年4月29日〜)

・鹿児島市監査委員(平成28年)
・議会運営委員会 委員長(平成30年)
・議会運営委員会 委員長(令和元年)

6期目(令和2年4月29日〜)

・第92代鹿児島市議会議長 就任(令和2年5月~令 和4年5月)
・第96回全国市議会議長会定期総会において特別表 彰(勤続20年以上)於:東京都(令和2年)
・第93代鹿児島市議会議長 就任(令和4年5月~現 在まで)

 

活動報告ブログ最新記事

2024年市議会報告

加治屋町1番街区市街地再開発事業など推進 PDFでお読み頂けます。

Read More

2023年市議会報告

議員提案による「客引き禁止条例」を制定 PDFでお読み頂けます。

Read More

加治屋町1番街区再開発へ!

この度、市電の電車通りに面した加治屋町1番街区において、地権者の方々が「加治屋町1番街区再開発協議会」を発足され、再開発に向けて動き出されました。 鹿児島市は令和5年度当初予算に土地と建物の評価を行うため調査費約2600 […]

Read More

2022年市議会報告

スタジアムの調査検討結果9月末に中間報告 PDFでお読み頂けます。

Read More

2021年市議会報告

コロナ対策・雇用維持・市街地再開発などに重点 PDFでお読み頂けます。

Read More

若き薩摩の群像 追加建立 除幕式

9月30日、鹿児島中央駅の「若き薩摩の群像」に2名の薩摩藩士が追加建立され、完成除幕式に出席しました。(記念写真左端) 追加建立に関してご理解・ご協力をいただいた製作者の中村晋也先生を始め、ご尽力いただいた関係の皆さまに […]

Read More

冷静な判断のもと、withコロナでの日常を。

鹿児島市で7月2日に判明したクラスターは、一時感染を拡げ多方面に様々な影響を及ぼしましたが、現在は落ち着きを取り戻してきました。 先日、本件に関して、厚労省のクラスター班の意見も踏まえた鹿児島市としての見解が示されました […]

Read More

新型コロナウイルス感染症対策等へ約25億6千万円の予算措置!(専決処分)

クラスターの発生もふまえ、これまでも鹿児島市独自の施策を展開するよう求めて参りましたが、本日付けで総額約25億6千万円の一般会計補正予算の専決処分が行われました! 専決処分とは、地方公共団体の議会が議決または決定すべき事 […]

Read More

川越桂路の政治目標

安全で安心して暮らせる活力ある鹿児島市を目指し、市民の皆様の代弁者として、リアリティのある市政を求め、職責を果たして参ります。

  • 安心安全なまちづくり
  • 市民福祉の向上
  • 子育て支援
  • 教育環境の整備充実
  • 地域経済活性化

 

 

活動報告ブログ

若き薩摩の群像 追加建立 除幕式

9月30日、鹿児島中央駅の「若き薩摩の群像」に2名の薩摩藩士が追加建立され、完成除幕式に出席しました。(記念写真左端)


追加建立に関してご理解・ご協力をいただいた製作者の中村晋也先生を始め、ご尽力いただいた関係の皆さまに対しまして心から感謝申し上げます。
 私の祖父と親交のあった中村晋也先生と式典前にお話をしました

「若き薩摩の群像」は、鹿児島市の五十万都市達成記念事業として、薩摩藩遣英使節団の功績をたたえるとともに、郷土の限りない発展を念じて、昭和57年3月に建立されましたが、19名の使節団のうち、土佐出身の高見弥一と長﨑出身の堀孝之の2名は薩摩藩出身でないことから除外されており、薩摩藩が排他的であるとの印象を与えかねない状況でした。


この事についてはこれまでも市議会において議論がなされ、私自身、市民の皆さんのご意見も踏まえるなかで、
平成19年第3回定例会と平成20年第3回定例会において2名の追加建立を求める質疑を交わしております。詳細は以下のリンクから(動画は20年のみ)

平成20年第3回市議会定例会 川越桂路 質疑動画

https://www.kagoshima-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=44

会議録検索システム

https://ssp.kaigiroku.net/tenant/kagoshima/MinuteSearch.html


その当時、鹿児島市は「若き薩摩の群像は完成された美術品であり、追加建立することは難しい」旨の答弁を行っておりましたが、この度、関係者の方々のご尽力により、建立から38年の時を経て、2名の追加建立が実現しました。
 除幕式式典において鹿児島市議会議長として祝辞を述べました


今回新たに、2名の薩摩藩士が現代に蘇り、薩摩藩英国使節団全員が一堂に会したその威風堂々たる姿は、まさに壮観であり、苦難を乗り越え達成した先人の偉業を改めて誇りに思うと同時に、追加建立を求めた一人として抑えきれない感動をも覚えたところです。

  こちらも祖父と親交のあった第32代島津氏当主 島津修久氏と

開明的だった薩摩藩は、幕末期の慶応元年(一八六五年)に、当時、鎖国政策下であったにもかかわらず、国禁を犯して19名の若き精鋭を薩摩藩英国使節団として英国に派遣しました。
使節団のメンバーは帰国後、藩という枠にとらわれることなく、黎明期の近代国家日本建設の原動力となり、大きな役割を果たしたことは、皆さまご承知の通りであります。

かつて19名の若者は、溢れる情熱と高い志を持って、遥か英国の地に旅立ち、日本の近代国家建設の原動力となりました。
その先人たちに倣い、鹿児島の若人が世界に羽ばたくことを期待しております。